放送大学の試験対策、大公開!デジタル編

シェアする

前回は、私が4年間実際にやってきた、放送大学の試験対策アナログ編をご紹介しました。

今回は、試験対策のデジタル編をご紹介します。

スポンサーリンク
広告大

① スマホ・タブレット・PCの準備

まずは、デジタルで勉強していくための端末の準備をします。

⚫スマホの活用

スマホは主に外出先と車内め活用します。

ふだんは音を出さないようにしていますが、オンセイガ必要なので、個の時期だけ、イヤホンを持ち歩きます。

車内は音を聞くだけなら、道路交通法違反にはなりません。

画面はあきらめて、音声で学習しましょう。

少し前までは画面なしが当たり前でした。

全く問題ありません。

グラフや画像が見たいときは、じっくりと専念出きる場所で見ると良いですよ。(^-^)

⚫タブレットの活用

タブレットは画像が大事なときに活用します。

が、私の場合、タブレットはWi-Fiで繋がるところだけ限定なので、自宅で使うことが多いです。

⚫PCの活用

自宅でじっくり、または、逆に家事を市ながらのも活用します。

置いておけるのでしっかりと聞こえます。ただし、うごく家事の時は向きません。

例えば、洗濯物を干したりするときは向かないです。

逆にお皿洗いなどのときは、しっかりと聞きます。(^-^)v

② 放送授業後を視聴する

試験が近づいてくると、車の移動中ご貴重な視聴の聴で有効です。

試験が近づいてから、集中して聞くという、不良学生なので。(~_~;)

八戸までの移動はちょうど良い時間の使い方となります。

③ 通信指導を活用する

これは、操作が必要なので、週末してやれる時を選びます。ただ、スマホでやれるので、(専用機アプリが必要となりました。)少し前まではだけでも進めることが出きるのがメリットです。

解答すると、正解でも間違いでも、ほかの選択問題にも解説が入ってます。

または、『教材の単元のここに書かれてます』などが入ります。解答見て!分からなかった場合は、解説と教材で確認しておく必要がありますね。

④ 私の場合

私の場合は、まずデジタルでの試験対策は、通信指導をどんどんチェロしていきますよ。

自学ように何度も何度も学習出きるようになっているので、やれるなら何度でもやりましょう。

そのうち、数字やキーワードが頭に入ってきやすくなりますよ。(^-^)v

それから、あとは時間あるかぎり、放送授業を視聴していきます。

まとめ

おうちで使う端末、外出時に使う端末、移動中に使う端末を使い分けていきます。

まずは、通信指導の提出と自主問題を何度も何度も解いて、問題の解答や解説に慣れていく、ということです。

じっくりと時間がとれれ時は、放送授業を聞くのが一番です、

そして、アナログ編と混ぜていくと良いです。

私の場合はデジタルでのが好きでしょうあとがアナログ、です。

次回は試験期間中の試験対策をご紹介しますね。

放送大学の試験対策、大公開!デジタル編
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする