あかちゃん訪問は4か月までの全戸訪問ですよ。(^^)/

シェアする

スポンサーリンク
広告大

赤 ちゃん訪問ってなに?

赤ちゃんがいる家庭は赤ちゃん訪問って知ってますよね?

4か月までに全戸訪問、つまりあかちゃんがいる家庭には

自治体から4か月までに必ず訪問する事業、

こんにちは♪赤ちゃん訪問事業 のことです。

私はこの赤ちゃんのうちを訪問して、ママやあかちゃん

のサポ―トをする、母子保健訪問指導員を18年間も

していましたよ。

その自治体はこの事業を国が義務化する前から、妊婦訪問と

赤ちゃん訪問を独自の事業で行っていました。

妊婦訪問もあるのは、今でも県内では

珍しいことだと思います。

転勤族が多く住む地域(だから私もここに住んで

いたわけです。)ですから、この事業はとても

大切だと思っています。

私が結婚して妊娠した地域もこんな事業があったら

あんな孤独な子育て生活をしていなかったかも

しれません。。。

あかちゃん訪問は何をするの?

あかちゃんとママに様子を知ることと、赤ちゃんや

ママが困っていることをサポートすること、

そして自治体からの予防接種や健診など

これからの健やかな成長、発達を見守る

ためのスケジュールなどを案内し、説明

します。(^^)/

まずは、問診、ヒアリングですね。

出産の状況や産後の体調と心の回復

具合を把握します。

妊婦訪問で元気いっぱいだった方が

寝不足や育児不安で会う方を見ると

しっかりサポートしなきゃな、といつも

思っていました。

それからあかちゃんの体重を計ったり、身長を

計ったりします。

私はなるべく里帰りしていないおうちには

生後3週間め前後で伺うように、予約を入れて

いました。

それは、退院してから1か月健診予定の日までの

ちょうど中間くらいの時期です。だって一番不安

じゃないですか。

母乳は足りているのかな?ミルクの量ってこれくらい??

でも、泣き止まない!!便秘ってどれ?下痢ってどれ??

もう、書いたらきりがないくらい、わからにことだらけ

ですよね。。

私もそうだったから、よくわかるのです。

自分の時はお手上げだったけど、だてに18年間指導員やって

いたわけではありません。

そして、2人の息子の子育て経験と知識が役に

立っています。

限られた時間だけど出来る限り、不安が減るように

そのあと保健センターを信頼して活用してもらえる

ように、頑張っていました。

ただ、一回限りではなくもっとしっかりと

関わっていきたいな、と思っていったので今は

個人で活動していますけどね。(^^)/

皆さんも訪問指導員、保健師などが来たら

こんな思いでくる人もいるんだと知ってもらえたら

うれしいな。

         BY MINORIN

あかちゃん訪問は4か月までの全戸訪問ですよ。(^^)/
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする