あせも(汗疹)対策は軟膏やクリームだけじゃないよ!

シェアする

今年の青森県は暑いです!北国とは思えません。(;´Д`)

なので、赤ちゃんたちは今年あせもがひどい子が多い

です。。(._.)

真っ赤な背中や腕、お腹を見ているママにお手入れ、

ベビやあせも対策をお伝えしますね!(*^-^*)

スポンサーリンク
広告大

あせもとは?

あせも=  汗疹と書きます。

汗疹性湿疹(かんしんせいしっしん)

の俗称。

多量の汗をかいた後、 汗腺がふさがってできる

小さく赤い丘疹。かんしん。

子供だけではなく、デリケート肌の大人も

なります。(._.)

私は今年、腋窩(えきか)=脇 の汗疹に苦しみ

ました。。(><)

対策はしましたけどね、、。( 一一)大変でした。。

乳児の効果的な汗疹対策♪

あず、何よりも汗を拭く、のではなく、

流す、ということです。(^^♪

大人でいうところのシャワーです。

乳児は簡単ですよ。(^_-)-☆

キッチンや洗面所で十分、脇と股を

手で支えてササ―っとぬるま湯で体全体

を流してあげるだけ。(*^^)v

1回をじっくりながくお風呂に入れるより、

汗疹対策は軽くを何度も、ですよ。(^^)/

青森県では行水の習慣がないけども、35℃

あればもう、西日本や南の習慣も取り入れた

方が良いですから。(^^)/

軽くササ―っとを一日何度でも流して

あげてくださいね。(^^♪

幼児の効果的な汗疹対策♪

乳児と同じくやはり行水が一番です。(^^♪

キッチンや洗面所というわけにはいきません。

お風呂場や外で汗を流してあげましょう。

動きが乳児より多いですから、少し丁寧に、

特に、二面が重なるところ、

①脇

②股、

③首

は中まで流してあげましょうね。(^^)/

行水のあとは♪( ..)φメモメモ

出来れば、家では甚平さんで過ごしてほしいです。

そで口がしまっていない、日本の服装には

意味があります。湿気の多いこの国では、

通気が良い方が肌にも良いのです。

赤ちゃんの産着もこの平成の世の中でも

合わせで口が広がっているのは、その

意味があるからですよ。(*^^)v

乳児も幼児も甚平さん着用、、

おススメです。( ^ω^ )

そして、それでも汗疹で困っているおうちの方へ。

汗を吸わせる状態にしていますか?

肌着が湿っていたらもう汗を吸っては

くれません。。。

新しい肌気に交換します。

はいはい、毎日交換しているわよ~、と

いうママへ。

1日1回ではないですよ!!

5回でも10回でも、何回でも汗をかいたら

肌着交換です。(^^)/

アトピー性皮膚炎のお子様にも効果的な

かゆみ対策や湿疹対策になりますよ。(*^^)v

まとめ

①真夏の汗疹対策には、まず乳児も幼児も

 行水で体の汗をささ~っと軽く何度も流す。

②そのあとは甚平さん着用で過ごす!

③頻回な肌着交換♪

④二面が重なるところは、ハンカチやタオル類

 をはさんで汗を吸収してあげると、汗疹に

 なりにくいです。(^^)/

体質でなりやすい方は、大人もこの予防と

対策を試してみてください。(*^-^*)

あせも(汗疹)対策は軟膏やクリームだけじゃないよ!
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする