子どもを守ってるつもりのあなた、子どもが親を超えていることに気づいてないだけかも?

シェアする

生まれてからずっと、生まれた子どもを守って

育ててきた親。

その親はずっとずっとまだまだ守っている

つもり、守っていくつもりの人が多いです

ね。

でも、知らないうちに、、気づかないうちに、、

また、大きな大きな出来事が起こり、そのこと

きっかけとして、子どもがじつはもう親を

超えていく、超えていることに気づいていない

親がけっこういるのではないでしょうか。

親子関係と立ち位置と感情について、私なり

語ってみようと思います。参考になれば

幸いです。(^^)/

スポンサーリンク
広告大

親子関係【年齢編】

子どもは小さい頃でも、親は大抵成年、つまり

大人の年齢に達してる人が多いですね。

子どもは未成年。親が守ってあげないと

生きていくこと自体難しいです。

日本では20才になると成年とみなされます。

なので、20才になれば年齢でいうと大人同士

ですね。でも、大学全入時代と言われるほど

大学に入る子どもが多いので、金銭面で

まだ親が守ってあげている家庭が多いかと

思います。

親子関係【身体編】

時代が変わるほど、欧米化しており、子ども

でも足が長く、平均身長も親よりも大きく

なる子どもが多いですね。((+_+))

中高生くらいになると、親の身長よりも

超える子どもが多くなるでしょう。

親子関係【精神編】

ここが問題です!!目に見えないので、超えてる

のか超えていないのか、守ってるのか、守られてる

のか、正直わかりません。。

親はいつまでも子どもは子ども、と思っている

人が多いと思います。

子どもはいつまでも子ども扱いするんじゃないよ!

と思ってるかもしれないですね。

守る、や超える、という言葉だけだと、親子の

精神面を語るのは難しいかな、と思います。。

程よい立ち位置とは?

親子関係の距離感はとても大事と思います。

どの距離がベストかは各親子で当然違い

ますね。

でも、自分たち親子はどうなの??(´・ω・)

気になりますよね。。(´・ω・`)

私が思う親子間の程よい距離は磁石

で表せると思っていますよ。(^^)/

近づくと離れられる。離れると寄ってくる。

この感覚がちょうど良いのではないで

しょうか。(*^-^*)

これは、思春期以降一生通じることかな、

と思っています。

成人した息子と今回濃く過ごして、

実感したことです。

そして、親子間の立ち位置もそれぞれの

相手の立場を思いやることが出来た時に、

守る、超える、ではない、人間対人間の

位置関係が確立できる気がします。

我が家の場合の立ち位置

今回、私事ですが家族の不測の事態に対応

することがとても困難な状況になりました。

子どもを守っている気になっていたのに、

私は完全に守られていました。

驚きました。。((+_+))

嬉しさと、申し訳なさと、うしろめたさと、

色んな思いを味わいました。。。

私たち親が育ててきた子どもだけど、

もう自分自身で人間としてどんどん

成長してるのですね。(*^-^*)

私もまだまだ成長しようと努力して

います。(*^^)v

でも、子どもが成長しているスピードには

もうかないません。。

なので、私の中では今回のことでもう私たち

親を超えた部分が見えました。

子どもを守ってきたつもりの私でしたが、

子どもはもう超えていたのです。

まとめ

いつまでも、子どもを子ども扱いするのでは

なく、対話とシチュエーションで親の思い込み、

子どもを守ってやらねば!を思い直して

みるのも大切だと思いますよ。

子どもも一人で大きくなったつもりで

いるのではなく、例え知識や体格が親より

超えたな、と思ってもそれを表に出し過ぎ

ない配慮もまた大切でしょう。

結局は、他人との付き合いも同じかも

しれません。

距離感と立ち位置は、逆に家族だからこそ

ずけずけと入り込まずに、相手を思いやって

いくことがきっと上手に付き合っていく

家族関係なのかもしれません。

それでも、まだ自分自身で解決していく

のが、難しい場合は、はっぴぃらいふケア

のかきくけこうざの(こ)講座。こころの

講座を渡すと一緒に学んでみてはいかが

でしょうか。

お問い合わせフォームです。(*^-^*) 

お問い合わせ
下記お問い合わせフォームにご記入ください。

子どもを守ってるつもりのあなた、子どもが親を超えていることに気づいてないだけかも?
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする