見知らぬ土地に行ってまず驚いたことってなに?小学校編

シェアする

スポンサーリンク
広告大

親の都合だけでの転校1回め

見知らぬ土地では、初めて見るもの、聞くもの、触るもの、感じるもの、

匂うもの、色々ありますよね。

みなさんは、何を一番驚いたでしょうか。

私が一番最初に転居したのは小学校2年生のとき。

転校する意味がわかりませんでした。

父親の職場は変わっていません。

同じ市内でしたが、車で30分ほど離れていたので、

学区が違いました。なので、転校。。 

転勤ではないのに。

理由は、父親が海が好きで(生家が漁師)海の見えるところに

住みたかったから。

う~ん、、、。どうなの?それで転校したのって。。

子どもは親の意向に逆らえないですからね~。

そうなりましたね~。。。(´・ω・`)

今だったら、家族といえども個人の意思を尊重する、が

主流だと思いますが、私が子供の頃は意見なんて

聞かれもしない、言える可能性があるなんて思いも

しなかったですよ。。(._.)

転校した学校は違いがいっぱい!

そんなわけで、訳も分からず最初の転校。2つ目の小学校です。

ここは単独クラス。それも学年21名。内訳は男子7名、女子14名。

(これが後々思春期に修羅場になっていく要因)

まずはこの人数と比率にびっくり。((+_+))

その前の学校は学年400人近くいたマンモス校だった

から。。

次にびっくりしたことは、そろばん。

習い事の一種と思いきや、学校全体で

取り組んでいたので、習い事なみに

がっちりやらされたこと。

私が思うに、田舎になればなるほど

読み書きそろばんに重きをおいていると思います。

それは、今の平成の世の中になっても

変わらない気がしますよ。

そしてそれは、自分や子供が小さいときは特に

何も思っていなかったけど、子供が大きくなって、

中学、高校、大学受験を経験する頃にとても

思い知った、重要なことであるのです。

そのうちに、そのこともこちらで入れていこうと思います。

あとは、この学校では、学研の学習と化学が校内販売

に来ていました。まだおこずかいをもらっていなかった

私が、この一か月に一回の販売日にお金で購入(

私は学習)する経験は、とっても興奮すること

だったのを今でも覚えています。

今思えばこのころからもう理系ではなく、文系だった

んですね~。。(‘_’)

階段下の学研の校内販売は3つ通ったなかで、この学校だけ

でした。

嬉しいびっくりでしたね。

2つ目の学校はこんなびっくりがあったのでした。

コメントの入力は終了しました。