転校した北国の小学校での生活は驚きの連続!/見知らぬ土地に転校して驚いたこと小学校編【2】

シェアする

スポンサーリンク
広告大

転校先では驚きがいっぱい!

ちょっと離れたところへの転校も色々違いがあり、びっくりしたことが

多かったけど、その次に転校したところははるか遠くの場所でした。

父親の転勤で遠方への転居でした。

ここでの生活は驚くことばかりでしたよ!!((+_+))

まず、服装に驚きました。南生まれで暖かい土地に住んでいましたから、

女子が長ズボン履くことはなかったです。

が、北の土地では夏でもほとんどスカートを履く機会がなかった

です。。。

スカートが好きだったので、面白くなかったのを覚えています。。

それから、集団登校だったのも初めての経験でした。

高学年の6年生が一番前、5年生がトリを務めて二人ずつ

並んで登校していたのですよ。

歩道が狭くて危険だったのと、冬の雪道を視界が悪くても

進みやすいように、の工夫だったんだと思います。

それから、さすが北国。石炭ストーブがありました。

そして、日直が休み時間ごとにスコップで石炭を

入れるという役目があったのです。((+_+))

時代と地域性を感じますね~。。

皆さんの地域には特殊な役目があったでしょうか?

転校した学校は有名な観光敷地内

それから、花見時期は学校が休みになりました。

全国的に有名な桜の名所と城が学校敷地と隣接

していたので(学校建物が城の一部だったらしい)

その時期は授業に支障がでていたのでしょう。

休みで私は嬉しかったですよ。(*^-^*)

それから、スキー遠足がありました。

これも北国ならでは!

ですね。私は一番低い高さからミニスキー(長靴に付ける

プラスチック製のスキー)でチマチマ滑っていたのを

覚えています。

そうそう、冬にまつげが凍った経験もここで

初めてしました。

それから、牛肉や鶏肉が手に入らなかったのを

あとで母から聞きました。今はもちろんそんなことない

ですよ、この地域でも。

数えればきりがないくらいの驚きがたくさんありました。

楽しんだこともあるけど、大変だったこともいっぱい。

それから、このころから色んな人がいるんだな~、、と

子ども心に感じるようになっていました。

それは同級生たちを見ていてもそうだし、

先生や友人の母親たちを見ても感じるように

なっていました。

今の自分の感性はこのころが影響してるかもしれません。

入学後3年間で3つの学校に通った私

小学校3年生で3つめの学校、、、。

なじむだけでも大変ですよ。。

そんなに器用ではなかったから、友達を作るのも

すんなりではなかった思い出が多いですね。

自分で選んだ環境ではないところで生活する

努力、工夫。

結婚してから転居を繰り返した自分の歴史と

繋がっていますよ。

でもね、またそれから転校するのです。

つづく。

転校した北国の小学校での生活は驚きの連続!/見知らぬ土地に転校して驚いたこと小学校編【2】
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。