親の都合で、6年間で5か所での生活、幼馴染がいない人生

シェアする

もう親の転勤はなかったのですが、中学校に入って

たった1か月で親が建てた一戸建ての住宅へ引っ越しました。

本来は学区が違う距離でしたが、入学してたった

1か月で転校は絶対に嫌だったので、越境通学

それから3年間やりましたよ。((+_+))

足腰が鍛えられました。8キロの自転車中学でね。

スポンサーリンク
広告大

自転車通学で8キロ

3年間ほとんどこの中学校とおうちの往復で過ごした

ように思います。

父親がとても厳しかったので、門限が異常に早かった

から。。。

ここら辺もいつか書く時がありそうですね。

学校は変わらずに済んだので、まだマシだったけど

これも親の都合といえば親の都合でしょう。

後々結婚するときに、こういったことはすべて

影響していれうことがわかります。

改めて書いてみると。。。

これだけ家と学校が離れていたことで、

友人を自分のおうちに呼ぶことはなかった

です。休日に友人宅や街中で遊ぶときは

バスを利用していました。

機会は少なかったですけどね。

でも、ここで初めて転校した2つ目の

同級生と何回か遊んだ思い出があるの

ですよ。(*^-^*)

3回の転校で最初の小学校に戻って

来た時に、同じ市内の学校どうしでしたから

陸上の記録大会で偶然会うことが

出来たのです。

2つ目の学校は転校生が来るような

エリアではなかったので、私のことを

覚えてくれていました。

マンモスの学校では300人以上いる

学年の1人で存在もちっぽけに感じて

いたけど、2つ目の学校では30人未満

の1人で、自分自身をしっかり感じられ

ていたんだ、と再会したときに思い

ましたよ。

中学校で少し自由に行動できるように

なってから、休日に何回か街中で

待ち合わせて遊んだのです。

この年齢でも覚えてるくらいですから

私にとっては大切な思い出です。(^^)

なんでかな~、、と思ったら、あれですよ。

そう、私には幼馴染というものがないから

なんです。物心ついてからたった6年くらいの

間に、南から北から同じ市内の真ん中から

端から端まで5か所も住んでたらそりゃ

幼馴染もいなくて当然でしょう。。

6年生くらいにまた父親転勤説が浮上しました。

もう、嫌で嫌でたまらなくなり、泣きながら

お願いだから父親1人で行ってくれ!!と

言った記憶があります。。

もうこの時は本当に動きたくなかった

です。 これは、ダンナにプロポーズされ

結婚が決まったときに話した大切な約束事

の1つに関わるきっかけとなったこと

です。

転勤なくても、また中学での転居、、という

出来事の記事でした。

BY MINORIN

コメントの入力は終了しました。