看護学校卒業と同時に最大の見知らぬ土地での新生活に突入!

シェアする

いよいよ見らぬ土地での子育て、生活の

年代に突入します。

だんだん本題に近づいてきましたね。

あれほど、子どもの頃に転校と転居を

繰り返してきた私でしたが、、、。

成人して、またまたすぐにライフステージが

上がりました。

スポンサーリンク
広告大

同級生で一番早く結婚へ!

なんとすぐに結婚が決まったのです。((+_+))

私は看護学校に入った時に、かなり

強い決意でバリバリ働いて自分で結婚

資金を作ってから、結婚すると決めて

いました。

ですが、人生わからないものですね~。

看護学校の同級生の中でなんと一番早く

結婚してしまいました。( ゚Д゚)

結婚してすぐに見知らぬ土地へ。。

そして、ダンナの転勤ですぐに見知らぬ土地

へと転居していったのです。

私が結婚したころは、まだパソコンも

携帯電話も一般には全く普及していない

時代でしたから、ほぼ無人島に放たれた

ような孤独感がすさまじかったことを

覚えています。。

専業主婦になった私。同級生はバリバリ

看護師として働いているときに、毎日ダンナ

の帰りを待つだけの日々。

「行ってらっしゃい」と言ってから「お帰りなさい」

と言うまで他人と話さないことなんて

しょっちゅうありました。

孤独、焦り、置いていかれ感、あげると

きりがないくらいのネガティブなワード

が満載できます。

楽しいことももちろんありましたし、

その土地に行ったからこそ経験した

こともあります。

もちろん、そのこともこちらでおいおい

書いていきますよ。(*^-^*)

ただね、慣れるまではやはり大変

なことが多かったのです。

そして、今の私からすると想像できない

そうですが、人が怖かったです。

井戸端会議してる円陣は恐怖にしか

見えなかった。(;´Д`)

今ならわかるんですよ、円陣くんでいた

人達だって、その土地、その人たちと

端んでいくための1つのツールだったって

ことがね。(´・ω・`)

余裕がないと、情報がないと、ちょっとした

きっかけがないと、なかなか入れないし

こんな考えにもいきつかないものです。

だから今、昔の自分のような環境の

人たちのサポーターになりたいと

思って日々活動しているのです。

無慣れな土地で暮らすことに

なった人、見知らぬ土地で子育て

することになった人、そんな人

たちに向けて、大丈夫だよ、

世の中そんなに捨てたもんじゃないよ、

少なくても私はここでエールを送るつもり

でいるんだよ、ということを発信して

いきたいのですよ。

慌てずに、少しずつ発信していきますので

ゆっくりとお付き合いくださいね。

        BY MINORIN

コメントの入力は終了しました。