ソラシドエアーの良さと比較

シェアする

ソラシドエアーに乗ってみたいけど、どんな飛行機かな、と思ってる方へご紹介です。

先日初めて乗ってみて、良かったことと他社との比較も入れてみました。

スポンサーリンク
広告大

①ソラシドエアーとは?

宮崎市に本社を持つ航空会社です。

LCC(格安航空会社)と思っていましたら、ANAやJALと同じでした。

そのため、LCCの多くが成田空港発着なのに対して、羽田空港発着が多いのが、特徴の1つです。

ANA系列のため、羽田空港では第二ターミナル内となります。

白地に黄緑の機体はきれいです。(^-^)

紙コップなどもこのバランスのデザインになってます。

②ソラシドエアが利用できるエリア

主に九州の空港の発着便と、羽田空港、那覇空港等です。株主を見ると納得ですよ。

詳しくは、Webサイトを御覧ください。

http://www.solaseedair.jp/

東日本側の空港では見る機会はありません。羽田空港で見るくらいですね。

③ ソラシドエアの予約方法と発券方法

インターネットでとっても簡単に予約出来ます。

JALなどのお客さま番号でログインなどしなくても、券を購入するクレジットカードの番号があれば、すぐに予約や購入が出来るので嬉しいことです。

4桁の番号で管理されますが、クレジットカード本体や番号があれば、チェックインなども問題なく出来ます。(^-^)v

私は予約番号を控えていなかったので、発券に苦労するかな、と思いましたが予約したクレジットカードを差し込むだけで、スムーズに発券出来ましたよ。

ネットで予約して、カードを差し込むだけ。シンプルで気に入りました。(^-^)v

ただ、発券の紙、セキュリティーげーとでの紙、登場乗するときにまた発券された紙、と3枚も乗るまでに紙が出るシステムは???と疑問。

最初と必要ならセキュリティーとところで十分では?とは思いました。

④ソラシドエアの料金はLCC並み♪

今回、ソラシドエアを利用した理由はこの料金の安さ。

2月の三連休に長崎へ行くことになり、初めはJALの先得で予約していました。ホテルのチェックアウトと空港までの移動時間を考えると昼便。そうなると安くても14500円前後でした。

三連休なので。(~_~;)

それが、ソラシドエアの場合は早期割引で9400円、1万円以下というお安さで予約出来たのです。三連休なのに。(@_@)

早期割引を利用すればかなりリーズナブルな料金で九州に行けますよ。(^-^)v

⑤ 大手と同じくクオリティー

LCC並みのお安さなのに、機内や制度は大手並みのクオリティーぎあります。

優先登乗や機内サービスがあります。

グループで分けて乗ります。隣の友人は4グループ。私は5グループ。

窓際の人を先に乗せるのです。

カップルは嫌かも知れないけど、効率的で良い案内方法と、私は思いました。

機内サービスは次の項目で詳しく入れますね。

後で分かりましたが、マスクや綿棒等のアメニティーも無料サービスに入っていたそうです。

⑥機内サービスは九州らしさ♪

ドリンクがまず地域性を出してますよね。

あごだしスープとツバキ茶。

JALでのコンソメスープも美味しいですが、このあごだしスープも美味しかったです。ちょうどお昼タイムだったので、私はこれをチョイス。(^-^)

高校からの同級生で今回看護学校の同窓会で隣に乗っていた友人はツバキ茶をチョイス。

お味を聞いてみたところ、「紅茶に近い味」、ということでした。

往復で行くならどちらも飲んでみると良いですね。(^^ゞ

有料ならオリオンビールとおつまみセットもありました。ここは、LCCっぽいです。那覇空港も株主のようですから、ご縁があるのでしょう。

キャンディーはそれぞれ、九州と、沖縄の味。私はたぶん実家先鹿児島のびわ。

いつもと違うこの九州感。

九州生まれの私には嬉しい内容でした。(*^^*)

まとめ

九州へ安く快適に行きたい方には一番オススメの航空会社かな、と思います。

理由は

・LCC並みのお安さなのに、大手並みのクオリティーがあること

・LCCは成田空港発着が多いのに対して、羽田空港発着が多いこと

・予約や購入がシンプルで分かりやすいこと

・九州や沖縄をイメージした機内サービスがあり、オリジナル性を感じること

・登乗方法などが効率的であること

・ANAとのコードシェア便が多いこと

などです。

これから、鹿児島の実家へ帰省するときはマイルを貯めているJALと常に 比較しながら、どちらかで利用しようと思っています。

JALのマイルを貯めたい方は、別記事を御覧くださいね。

ソラシドエアーの良さと比較
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする