マンゴーかき氷を目的で台湾に行きたい人のためのレポ記事♪

シェアする

台湾の名物といえば、マンゴー。

マンゴーかき氷を食べるだけのための

台湾旅行もあり!ですよね。

今回は2軒のお店を紹介します。

スポンサーリンク
広告大

① マンゴーかき氷と台湾の関係

台湾スイーツといえば、マンゴーかき氷。

では、その歴史と背景を探ってみましょう。

マンゴーは台湾で栽培され、収穫されます。

冷凍モノではない、旬のマンゴーは日本人のお口を感動させました。

台湾では日本の宮崎県で有名な、

アップルマンゴー(愛文 アーウィン)

がポピュラーな品種のようですが、改良されたものもあり、

たくさんの品種があります。

詳しくはこちら↓

http://www.iwa2008vienna.org/taiwanmangorekishi/

を参考にご覧下さい。(^-^)/

分かりやすいです。

② 台北でのオススメ店2軒

1軒めは私達が目指したお店ではなかったのですが、

ここも日本人には人気のお店と後でわかりました。

思慕昔

お店の名前 思慕昔 読めません。(^-^;

こちらは、右側がマンゴーかき氷

、左側がパッションフルーツとマンゴーかき氷かきのかき氷。

どちらも美味しい。さらに、オプションのアイスもついていて、

ボリューミー。(+_+)

グループでシェアしたりがオススメ♪

でも、1人ずつ食べましたけど。(笑)

氷ですから、食べられることは食べられます。

メニューは日本語あります。(^-^)v

人気ベスト10が看板に出てました。

★お次はダンナイチオシのお店

緑豆蒜啥咪

今回はここのマンゴーかき氷を食べるためだけに来たとも言えます。

春から9~10月までに収穫される冷凍なしの新鮮な

アップルマンゴーを丸ごと使ってます。(^-^)v

そして、注文されてから皮を向き始めるので時間がかかります。

余裕を待ってきてください。

お店の外観です。

分かりやすく見えますが、

駅からこのような路地を歩き、さらに曲がった小路に入るので、

マップが必需品です。

25°03’14.1″N 121°32’03.1″E
10491 台湾 台北市 中山区 中央里
https://goo.gl/maps/Ss6Ao1cQ7FYeumEw9

見てください!

この、マンゴー、マンゴー!!

かき氷にもマンゴーの果汁が染み渡っていましたよ。

こちらの裏側に日本語メニューありました。

こちらのマンゴーかき氷は200元です。

少しずつ値上がりしてるそうですが、これは200元安いと思いました。

※200元×4=800円

アップルマンゴー丸ごとですよ。(+_+)

日本のアップルマンゴーでこれ作ったらいくらになるでしょうか。

こちら、店内です。

オーダー後時間がかかるので、店内のテーブルに番号札立てて

待ちます。

店内のお客さんだけでなく、電話注文や来店してテイクアウトの

お客さんも多く、かなり待ちました。

でも、待つ価値のあるお店です。

店内はマンゴー色の黄色一色でした。

字はなんとなく読めるけど、文章の意味は

よく分かりません。(^-^;

でも、店内にオーナーが、市場でマンゴーを仕入れてる

写真やお店の店員さんも日本語話せないとオーダー票には

書いてるけど、日本語で話しかけてくれたり、

お店の雰囲気良かったです。(*^^*)

③ 2軒の比較

《値段》

思慕昔 250元

緑豆蒜啥咪 200元

《ボリューム》

思慕昔 多い

緑豆蒜啥咪 ふつう

《お味》

思慕昔 美味しい!

緑豆蒜啥咪 すごく美味しい!!

《立地》

思慕昔 観光地の商店街で、見つけやすい

緑豆蒜啥咪 駅から少し歩く 見つけにくい

まとめ

総合的に私は緑豆蒜啥咪 200元が好みです。

また行くとしたら、ここかな。

台湾のマンゴーかき氷食べたい人は参考になれば幸いです。

台湾旅行記はこちら ↓

マンゴーかき氷を目的で台湾に行きたい人のためのレポ記事♪
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする