乳幼児のいる家庭では色んな手続きが必要ですよ【健診】

シェアする

乳幼児家庭が引っ越しするときは、手続きがたくさん

必要です。前回は予防接種について入れました。今回は

健診について入れますね。

健診の時期が当分ない乳幼児は特に必要はありません。

でも、乳児は次の健診まで時期が近い家庭も多い

と思います。また、幼児でも次の転居先があまり

健診が頻回ではない自治体の場合もあります。

転勤先が決まったら、ネットなどで健診の

スケジュールがわかることが多いです。

次の地域があまり頻回でないところは、事情を

説明して対象月より少し早くても受けていくこと

も検討したり、逆に次のところですぐに受けられるよう

進めたり、といったことを考えて行動します。

スポンサーリンク
広告大

特別に必要な手続き

また、低体重児で生まれたり、疾患があり

大きな病院や保健所の療育などにかかっている

家庭は、転勤先にうまく繋いでもらうことも

必要ですよね。

こういった継続な支援が必要なことがスムーズにいくか

どうかで、新天地での生活の進み方が変わります。

受ける場所や受ける方法がちがう

前に入れたとおり、保険センターがあるところとないところが

あります。

あるところは大抵、保健センターの施設内でやる

集団検診です。

1年間で受ける日程が決められているところが多い

です。

保健センターがない自治体は、クーポン券などを

発行して、医療機関で受けることが多いですね。

自分で予約できることが多いので、都合よい

時に受けられます。

集団健診と委託先医療機関での健診のメリットデメリット

どちらも一長一短の面があります。

転勤先がどちらになるかわかりませんが、とりあえず

知っていても良いと思います。

集団健診のメリットは、診療だけでなく保健指導を

保健師や看護師、栄養士などからアドバイスを

もらうことが出来ます。

また、待合時間や一緒の時間を過ごすことで、

ママ友ができる可能性もありますね。

ついでに予防接種のことや育児相談なども

出来ることがメリットだと思います。

一方、クーポンなどの医療機関での健診は

医療機関でしっかりと診察してもらうことが

出来るのと、異常が見つかったときに

精密検査やほかの診療科への受診や紹介

がスムーズにいくこと、だと思います。

デメリットは、この逆がそれぞれです。

これは、転勤先で選べないのでどっちになった

かでこういったこともある、と知ったうえで

健診を受けることが大切かな、と思います。

デメリットの部分はほかでカバーしていくよう

心がけたら良いわけです。

場合によっては、乳幼児だけでなく子宮頸がん

のような予防接種などもありますから、小さい

子がいなくても、母子手帳を持参して保健センター

や役場の保健課などに出向くことが大切ですよ。

乳幼児のいる家庭では色んな手続きが必要ですよ【健診】
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。