妊娠中に引っ越しするときの注意色々

シェアする

妊娠中に転勤などで引っ越しが決まった場合の

注意を入れてみようと思います。

妊娠中のお引越しはとても母体に負担がかかり

ます。

スポンサーリンク
広告大

出来れば妊娠中は引っ越さない方が良い

転勤時期は自分やダンナさんは選べません。

なので、転勤が決まれば移動はつきものです。

でも、妊娠したから広いおうちに住もうとか

でお引越しを決めるのは出来たら避けてほしい

です。

妊娠中のお引越しは、とても心身の負担を

大きくしてしまうからです。

妊婦さんへの心身の負担

では、どんな負担がかかるのでしょう。

【 身体への負担 】

●日常生活の平穏が崩れてしまいます。

つまり、規則正しい生活がなかなか

出来なくなるといいうことです。

●引っ越し準備で座りっぱなしや荷物を

まとめるのに前かがみ、などの姿勢が

多くなりお腹に負担がかかります。

●お引越し時の移動も体に

負担がかかります。

【 精神の負担 】

●新しい生活への不安があります。

●身体にあかちゃんに負担がきてるので

はないか、という不安がでます。

●お引越しの移動時にトラブルが

おきたらどうしよう、、という

不安があります。

負担を緩和するには?

心身に負担がきやすいことをまずは

自分自身とダンナさんなどの家族も

知ることです。

それから、負担をどう軽減していくのか

を考えていきます。

【 身体への負担の緩和 】

●お引越しが決まってもなるべく

生活のリズムを変えないように

しましょう。

●引っ越し準備は無理ない範囲で

やり、業者やダンナさんを頼り

ましょう。予算内であればなるべく

らくらくパックなどを利用した方

が良いです。

●引っ越しの移動は通常よりも

時間にゆとりをもって計画します。

車なら1,5倍の時間をとりましょう。

トイレが近いですから、休憩が多く

とれるようにと、長時間の同じ姿勢

を防ぐため、です。

あかちゃんは長時間の同姿勢をとても

嫌います。

電車などは乗り替え時間などにゆとりを

持ちます。

飛行機は妊娠中であることを必ず予約時や

CAさんに伝えます。週数によっては診断書

や医師同行が義務の場合もあります。

【 精神の負担の緩和 】

妊娠中でなくても引っ越し先での新しい

生活は不安ですが、妊娠中は特にこれから

子育てしていくのですから不安はもちやすい

ですよね。なので、

●引っ越し先の病院やスーパーなどの

情報を集めて安心する。

子育て支援情報を集める。ファミリー

サポートセンターなどがあるか、など。

●身体への負担がこないように自身で

工夫する。引っ越し作業を業者や

ほかの家族に協力してもらう。

お腹の赤ちゃん優先にしましょう。

●緊急事態に備えておきましょう。

母子手帳は常に携帯しておきます。

移動が長い場合は、いくつかの病院

情報を仕入れておきます。

緊急事態の時は受診することもある

かもしれません。ダンナさんに不安を

持っていることを伝えましょう。

1人で乗り切ろうとせずに、ダンナさんと

その不安を共有して一緒に乗り切りましょう。

妊娠中にお引越しをする際は

大事なことは妊娠中のお引越しは心身の負担が

大きくあることをしっかりと知っておいて

その対処をしていけば、安心してお引越し先

へ向かえる、ということなのです。

妊娠中に引っ越しするときの注意色々
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。