新学期に親の都合で転校した子どもが学校生活に馴染めていない、と感じる場合の親の接し方

シェアする

4月は一番転校生がクラスに入ってくる時期ですね。

マンモス校で、新興住宅地域だった我が家の息子

たちが通った小学校はその日、14人の転入生(わが子たち

含めて)がありました。((+_+))

初日から馴染む子、日にちが経ってもなかなかクラスに

馴染めない子、、、わかれる気がします。

馴染めない子には色々なタイプがいますが、

その場合の親御さんは同接していけば良いでしょうか。

スポンサーリンク
広告大

転校生が男の子だった場合

男の子が転校生だった場合、地域性やクラスの

雰囲気も大きい要因になりますが、基本

運動が出来たり、あいさつが出来たり、

勉強が出来たり、なにか得意なものがあり、

それを知ってもらえるとすぐに馴染むことが

出来ます。

転校生が女の子だった場合

こちらは、学年にもよりますが、男のように

単純ではありません。。。

親御さんも娘さんに向けて、いくつか配慮が

必要です。

本人も男の子より、少し用心が必要になりますね。

女の子は団体でいることで安心感をもつことが

多いと思います。なので、転校生が入ったことで

自分の団体としての立ち位置を心配してしまう

子どもがいる、ということです。

転校生本人も団体で動く同級生たちのなかに

入るのは至難の業です。

さっぱり系のグループがあるなら、男の子と

同じく挨拶が出来て、不快な言動がなければ

基本受け入れられていきます。(*^-^*)

これから出てくる可能性のある心身の不調

男の子も女の子転校初日からしばらくは、緊張してる

おかげで?しばらくは大きな変化が体にでることは

少ないでしょう。

でも、少し慣れた頃に張りつめていた緊張が一気に

また、転校先で馴染めずに徐々に心身に不調が

出てくることがあります。。

心身の不調の例

心身の不調と言っても子どもは自分の調子をうまく

伝えるのはなかなか難しいことです。

●頭がいたい。。

●お腹がいたい。。

●足がいたい。。

こんな言葉が出る子どもが多いです。

ウソではありません。

自際にいたくなることが多いです。

なぜなら、心と体はリンクしているから、です。

本当に頭が痛くなります。

本当にお腹が痛くなります。

本当に市が痛くなります。

だから、仮病と決めつけないでくださいね。

お子さんの様子を観察してあげてほしいです。

そして、言葉に出来るお子さんならたっぷり聞いて

上げてほしいです。

言葉にするのが苦手なタイプのお子さんにはリラックス

できる空間、環境を与えてほしいです。

学校の先生とも連絡を取りあって、学校と家庭の連携を

とっていくことで、お子さんの様子を知ることができるし

学校にも知ってもらえます。

大きな解決策はなくても、孤独ではない、見守って

もらっている、という安心感は子どもにとって大きな

光となります。

すぐには馴染めないタイプのお子さんにも

時間とこの見守りで少しずつ、学校や先生、

お友だちと慣れていくことが出来ると思います。

心配でしょうが、お母さんたちが心配している、という

顔や言葉を出すと、お子さんを追い詰めることに

なります。

心では大きな心配をしていても、言動でそれを見せることはない

用に努めましょう。

明るい声と明るい表情で、元気に送り出してあげて

ください。(^^)

も、お子さんの様子はキャッチしておいてあげて

くださいね。なにか、伝えようとしていたら自分自身も

新生活でバタバタしているかもしれませんが、じっくり

と聞いてあげてくださいね。

新学期に親の都合で転校した子どもが学校生活に馴染めていない、と感じる場合の親の接し方
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする