帰省を計画するときに考えるのは時期、費用、手段

シェアする

実家への帰省計画するときに考えることは、

帰省の時期、帰省費用、帰省手段などが

ありますね。

スポンサーリンク
広告大

実家には年に何回くらい帰るのがふつうだと思いますか?

 

お盆とお正月2回は絶対にはずせないですか?

これは、地域性とその家族の考え方

でかなり変わると思います。

ただ、考え方だけではなくて、物理的な問題での

頻度ってもありますよね。

どんなに帰りたくても、休みがとれるのか。

帰省費用が用意出来るのか。

まずはこの2つがクリアされなかったら

帰りたくても帰れません。

休みの問題。暦通りの休みしかない

場合は、移動時間がかかる地域からだと

諦めるしかないですよね。。

そして、お盆とお正月の時期は、、

料金が一番高いので、金銭的な問題

が出てきます。

早くから帰省日を決めていても、このピーク期は安売り商品が

ありません。

そう考えると、帰省日をせっかく早く決めても

節約にはなりませんね。。

帰省で考えるのは、組み合わせ!!

が大切だと思いますよ。(*^-^*)

帰省を考えるのは組み合わせが大切!!

組み合わせとはなにか?

それは帰省時期、帰省費用、移動手段、時間、労力の

組み合わせ です。(^^)/

費用の優先順位が高いなら、ほかのものは望んでいない

時期や、手段や時間、労力をのむ、ということ。

例えば、費用をなるべくかけたくない!!と思ったら、

時間がかかっても、労力を使ってもマイカーが良い

ですよね。人数が多ければ多いほどそうです。

移動手段が優先順位高い場合は、ほかの組み合わせを

高く求めない、ということです。

例えば、車と一緒にフェリーに乗って帰りたかった

ら、時間はかなりかかります。でも、労力は

かからないですみますね。ただ、時間もかかっても

一工夫すると効果が違いますよ。(*^^)v

夕方や夜に出発して、朝方に到着するのなら、

時間を効率化することができます。

逆に時間を何より重視する場合は、費用が一番

高くなるのは覚悟、となります。

でも、早割を使える時期に帰れるなら、新幹線

やマイカーより安く帰れる時もあります。

何を優先して考えて帰省するのか?

こうやって、帰省を考えるときは冠婚葬祭や

家庭事情を除けば

何を一番優先して帰省するのか

をいつも考えるくせをつけたらよいんですよね。

子どもが学校に入ると、オフ期に帰ることは

とても難しくなります。

長期で安く、労力なく時間も短縮できるのは

地域にもよるけど、遠方の人は、飛行機で

早割やマイルで長く帰ること、なんでは

ないでしょうか。

次回は、マイルを使う、貯めるについて入れて

みますね。(^^)/

帰省を計画するときに考えるのは時期、費用、手段
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。