見知らぬ都会で新生活。新しい世界へ。

シェアする

5か所目のお住まいで中高生活を送ったあと、

都会での生活に移りました。

看護学校の寮生活が始まったのです。

※今はほとんど使用しなナースキャップ世代

ここの生活はドラマよりもドラマチック。

信じてもらえないこと多数あり。((+_+))

おそらく、子時代のことも今後入れて

いくことになるでしょう。。

寮生活で一緒だったクラスメイトは北は北海道。

南は九州から、全国各地からの同級生でした。

関東の学校なのに、九州出身が8割という

不思議な学校でした。

それも、鹿児島県と宮崎県出身で

さらに8割超えるという珍しい珍しい

学校だったんですよ。

なので、言葉はそんなに困らなかった

し、学校からも同じ看護学校に7人も

入学しましたから、心細くもなかった

ですね。

ただ、ほかにも珍しいことがありすぎて何から

入れたら良いかわからない。。

スポンサーリンク
広告大

都会の寮生活でびっくりした食のこと

そう、食事は驚くことが多かったです

ね~。。((+_+))

まず、しょうゆが辛かった。。( ゚Д゚)

あまい醤油になれていたので、しょうゆは

嫌でしたね~。。(´・ω・`)

そして、うどんやそばつゆが真っ黒で

これまたびっくり!!

西の出身ですから、薄口しょうゆで透き

通っていたのです。

今はどっちも好きだけどこのころは

やはり慣れなかったですね。。。

都会生活でおどろいた交通のこと

あとは、交通機関。

電車に乗ることがなかったので、

急行、準急、各停の意味、最初は

知らなかったし、あの並び方もみんな

まだ来ていない次の電車のために並ぶ

姿は驚きでしかなかったですよ。。( ゚Д゚)

都会でしった多様な価値観の人たち

そういう都会ならでは、関東ならではの

違いと、学校&寮の独自のスタイルやルームメイト

たちのオリジナル性での違い、が混在していた

3年間でした。

ここでさらに、人の心の多様性を感じると

ともに、自分自身がどんどん変化していること

を実感していました。

そういえば人生で一番のモテ期はここだった

かもしれません。(笑)

ところ変われば、、と思います。

なぜ、中高時代は目立たない冴えない

ただの女子学生だったのに、、、

都会だから??ナゾです。(‘_’)

見知らぬ都会で新生活。新しい世界へ。
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする