放送大学で高卒から大卒資格を目指す方法を分かりやすくご解説②

シェアする

放送大学を社会人として生活しながら、学士取得、認定心理士、その他エキスパート認定取得を目指してる方へ、具体的な方法を分かりやすくご紹介していきますね。

前回はこちら↓

それでは、続きをいきましょう。

スポンサーリンク
広告大

① 放送大学に入れる機会は年に2回

まずは、こちらのホームページに入り、色々調べていきましょう。

放送大学に入る時期は、4月入学と10月の入学の2回があります。

4月入学が日本では一般的ですが、

海外では,7,8,9月は夏休み。

その後の10月に入学が一般的なのです。

そのため、4月と10月に入学時期があると思います。

クラス編成や担任制度等もないですから、全員が同じ時期に入学しなくても良いわけです。(^^ゞ

② 申し込み時期と期間

思ってるより早いですよ。(@_@)

それぞれ2か月以上くらい前から、締め切りも早いです。

③ 申し込み方法は二通り

郵送とインターネットの方法があります。

インターネットが使えるなら、ギリギリまで活用できますから、便利ですよ。

今回で言えば

もう、申し込み始まっています。

必要なものとしては、高校卒業証明できるもの。

私の場合、なぜか高校卒業証書だけ実家にあり、入院を決めて、この卒業証書を速達で送ってもらい、証明写真撮って、インターネット出願できたのは、締め切りのわずか1日前。(@_@)

前もっての余裕をオススメします。

④ 学部と科の選び方

教養学部があります。

学位は学士で主に教養と一部の人が看護。

看護学校を3年間で出ている私は本来なら、看護学部に入り、あと1年だけ単位と時間を積み上げたら、看護の学士がとれるはず。

でも、違いました。それは、また別記事で詳しく書いていきますね。(^^ゞ

看護師を目指す人と、専門学校出ていて今後看護の学士をとりたい人は

生活と福祉を選択して、必要な㌔を取っていきます。

⑤ 私の学部と科の選び方

上に入れたように、看護学校を出てますから、本来なら積み上げの1~2年と単位で良いはずが、まさかの高卒扱い。

ふてくされそうになりましたが、気持ちを改めて、心理と教育コースを専攻し、教養の学士を取ることと、認定心理士の取得を目指すことにしました。

学士をとるために、4年以上在籍すること。

認定心理士をとるために、より専門的な学科を選ぶこと。

が必須の方法です。

さらに、

科目群履修認証制度《エキスパート》もとれるだけとろう、と決めました。

ここは、また別記事で解説しますね。私は途中までよく分かってなかったのです。たまたま先のセンパイに聞いて理解出来ました。

知らずに損するところでしたよ。(@_@)

なので、皆さんにも知らないで損する、ということがないようにしっかり解説していきますね。(^-^)

まとめ

今回は申し込みの仕方と、何を申し込んだら良いか、を入れました。

人によって、あと、目的によって、専攻を決めるのです。

大学の卒業と学位(学士)を取得するためには、全科生となり、4年以上在籍すること。

単位を124単位以上取得していくこと、が条件となります。

単位の取り方は、やや複雑なので、また別記事で解説しますね。(^^ゞ

分かれば、大丈夫ですよ。

比較的単位のとりやすい科目はいくつもあります。

逆にエキスパートの取得を目指す場合は、教科書などの持ち込み不可がほとんどです。

大学卒業をメインにするのか、専門の認定心理士やエキスパートを取得するのがメインか、で科目の取り方が違ってくることを知っておいてください。

次回は、科目の選び方、認定心理士、エキスパートについて、分かりやすく説明したいと思います。

放送大学で高卒から大卒資格を目指す方法を分かりやすくご解説②
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする