ハリーポッターの世界!日本に中世のイギリスがある ブリティッシュヒルズ

シェアする

日本に中世のイギリス、それも本物の数々を味わえるスポットがあるので、ご紹介します。

ブリティッシュヒルズ
中世のイギリス領主館のおうち、マナーハウスを日本で味わえますが、建物だけではなく、広い敷地、アフタヌーンティー、など文化も会話(オールイングリッシュ)も楽しめます。
順番に説明していきますね。

スポンサーリンク
広告大

ブリティッシュヒルズの立地

福島県の天栄村というところにあります。北から来る場合は、車なら郡山南インターが近いです。
ホームページによると、都心からは2時間半で来られるようですね。
私たちは青森県の三沢下田インターからだと、6時間近くダイレクトでかかります。
休み休みいくと、まず行くだけでかなりの時間かかるので人数が少なければ新幹線利用をオススメしますよ。(^-^)/

広大な敷地

こんな感じです。入ってくるときから、すでにイギリスを感じさせてくれます。
中世のイギリスを細やかに再現しています。私たちはその前に富岡製糸場見学をしてきたばかり。
イギリス式とフランス式のタイルの積み方を知ったばかりだったので、まずタイルを見て、本当にイギリス式だ!と感動しました。
メインのマナーハウスがレセプションになっています。
その周囲に宿泊棟となっている、独立した建物がいくつも建ってました。
私たちが泊まったのは、Draikeという建物。イギリスらしく気に入りました。

宿泊棟の中はさらにステキ♪

まず入ると、二つ目のドアがあります。前日が雨でしたから、傘がありました。
食事や売店、レセプションに行くときは敷地内を歩きますから、傘がないと困ります。。
私たちは使わない天気で助かりました。

二つ目のドアを開けたら、自動販売機。売店が遠いから。
看板にイノシシ注意はビックリ。
反対側のドアを開けっ放してはいけませんね。(+_+)

階段の雰囲気も好きです。(*^^*)

廊下もね。(*^^*)
棟ごとのラウンジもあり、落ち着いた空間で、紅茶は自由にここで飲むことが出来ました。

ドアは重厚。そして、鍵はどこも内でも外でも多くのアイアンを使われてました。これがまた雰囲気バツグンでした。(^-^)

鍵はハリーポッターに出てくるような、まさに、THE・鍵。
慣れるのに少し時間要りますが、慣れたら大丈夫でした。

お部屋のなか

もう、うっとりするほどの
世界が広がっていましたよ。(^^♪

浴槽のシャンプーなどを置けるアイテム。あれ、欲しいな~、と思いました。
鍵はここでもアイアン。上手く出来てます。
そして、ドレッサーのなかにはやはりハリーポッターを思わせるローブが入ってました。

着いた日は肌寒かったので、助かりました。ウール100%だけあり重かったけど、袖を通さないので動きやすく本気で欲しくなりました。
(お値段を知り、今回はあきらめました。。)
でも、たくさん着て写真撮りました。(*^o^)/\(^-^*)

そして、夕飯に、向かいました。

画像の右側の建物です。
ちなみに左側はリクレーション施設が入っています。

予想外に良かったディナー♪

イギリスに失礼かもしれませんが、食事が1つ1つ驚くほど美味しかったのです。(*^^*)

これには本当に驚きました。(失礼しました。m(__)m)
英会話を楽しむために英語ですが、全く話せない方には日本語で説明してくれます。

ここが本物のイギリスと違う点ですが、安心出来るところでもあります。(^-^)v

その日のメニューです。

それから、スヌーカーをしに行きました。ビリヤードではありません。
1テーブル4人まで1100円です。レクチャー無料。
お得な楽しみ方ではないでしょうか。

次の日のツアー説明で分かりましたが、玉がビリヤードよりも小さくてホールも小さいため、ビリヤードよりも難しい。
だからか?(~_~;)中々当てられませんでした。イギリス皇室御用達の会社から輸入された本物のです。これはトライする価値あり、です。(^-^)

朝食

ビュッフェスタイルです。(^^)/

コーヒーと紅茶のカップが温められてることに、なにげに感動しました。(*^^*)
冷めにくいので、美味しさが倍になった感じがします。
家庭的なポテト料理も美味しかったし、夜と同じく1つ1つどれも美味しかったのです。
食事はポイント高かったです。(*^-^*)

マナーハウスツアー

それから、チェックアウトした後に、マナーハウスのツアーに入りました。
宿泊者はツアー料金が無料なんです。

舞踏会や誕生会などのお客様をもてなすフロア。

こちらは4人の女性が一針一針丁寧に差し込んで作った刺繍です。裏も同じくらいの丁寧な作りで数千万円するそうです。踏んでましたけど。。

貴族婦人のお部屋。隣は領主のお部屋。
どちらも予約すると泊まれるそうですよ。
1部屋30万円、2部屋のセット料金は50万円。(~_~;)
あら、お得❗と言えるお値段ではなかったでした。

この長い廊下は運動場(お散歩)も、兼ねていたそうですよ。
なので、お気に入りの調度品を置くそうです。飽きないように。

こちらは見覚えがある方もいるのでは?
私は見てなかったのですが、花より団子のドラマ撮影で、
道明寺親子が端と端に座り、会話をするというロケ現場でもあるそうです。
イスが離れすぎ!がインパクト大、ですもんね。(~_~;)

こちらがレストラン。
ここもハリーポッターと同じ様式の食堂なんですよ。
イギリスで本物見たいけど、ここでも十分味わえました。(*^^*)
ツアー終了後は、ゴールデンウィーク企画にのっかり、中世の服に着替えてあちこち散策。

はい、浮かれてます♪(^-^)♪

建物が本物だと背景も違いますね。(*^-^*)

歩いてる人たちが、気さくに撮りましょうか?と
声をかけてくれるので、タイマーでなく、ツーショットを
何度も撮れました。(*^o^)/\(^-^*)
この年齢でも違和感なく楽しめる空間はやはり、落ち着いた空間だからかもしれません。
服を返したあとは、アフタヌーンティーをお昼ご飯兼で味わいに
アスコットという可愛い建物に行きました。

アフタヌーンティー

反対側からも♪

ここでも基本英語ですが、ロッテンマイヤーさん(分かる人だけわかるハイジに出てくる秘書)のようにきれいに髪の毛をアップさせている日本人女性いましたし、簡単な日本語は皆さん出来るようです。
でも、子どもにもわかる英会話例があちこちに貼られているので、
なるべくチャレンジすると良いのでは🎵と思います。(*^^*)

紅茶を蒸らすポットカバーも可愛いし、砂時計もステキ。
カップイン&ソーサはウェッジウッドでした。
優雅な時間が味わえるし、スコーンやケーキも美味しくて。(*´∀`*)
イギリスはあまり食事が、、なんて言う言葉を見聞きしてましたが、今回の旅で完全にひっくり返りました。
本物は美味しい、でした。(^-^)v

新しい宿泊棟や妖精の館など。まだまだ新しいものが加わるようです。

まとめ

25年も経つそうですが、私は今回初めて知りました。
お国のテーマパークはなんちゃってのスポットが多いなか、ここはきちんと専門家が検証し、本物も輸入し、コンセプトがきちんとしたところです。
宿泊費は高いと思います。が、これだけ本物と接することが出来るなら、イギリスに行くことを考えたら??破格に安い、という考え方が出来ます。
一言も日本語を使わずに、イギリスに居る気になって過ごせるところ、なのです。
はじめはもう2度と来るところではないから、満喫しておこう♪と思ってましたが、心の洗濯、別世界を味わうには、最適なスポットだと思い直しました。
今度はいつ行けるかは分かりませんが、
イギリスが好きな人、
イギリス留学したつもりになりたい人、
ハリーポッターの世界が好きな人、
中世のヨーロッパの文化に触れたい人、
はへたなところにいかず、ここをオススメしますよ。

ハリーポッターの世界!日本に中世のイギリスがある ブリティッシュヒルズ
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする