コロナ対策した後の星野リゾート青森屋レポ記事

シェアする

スポンサーリンク
広告大

新しい様式になったてからの星野リゾート青森屋をレポ!

青森屋八幡馬ラウンジ

感染防止対策した後の、星野リゾート青森屋の様子をお伝えします。

① 星野リゾート青森屋の位地

http://星野リゾート 青森屋
〒033-8688 青森県三沢市古間木山56
0570-073-022
https://maps.app.goo.gl/7GzotTtToaqoAquc8

青森県三沢市にある三沢駅のとなりの広大な敷地が星野リゾート青森屋。

旧 古牧温泉です。

以前は歴史資料館等も含め多数の建物がありましたが、現在は元湯と宿泊棟(本館・東館・西館)。それからこちらの地図で見える足湯・八幡馬ラウンジ・南部曲がり屋・などがある、公園で成り立っています。

元湯と本館ロビー前では、無料シャトルバスが運用されています。

感染防止対策として以前と変わったところ① 出入口

検温

35,1℃と出ています。

八幡馬ラウンジからの帰りで温泉♨️も入る予定なのでこんないでたちでした。

感染防止対策として以前と変わったように ② カウンター

継ぎ目のないビニール布

継ぎ目のないロングのビニール布で仕切られていました。

感染防止対策として以前と変わったところ ③ ロビー

アクリル板設置のロビー

以前はソファーでした。が、このようにテーブルとイスに変わり、対面はアクリル板で仕切りが出来ていました。

感染防止対策として以前と変わったところ ④ のれそれ食堂

細かくアクリル板で仕切り

手袋も用意あり

トングだけでなく、ありとあらゆるものは抗菌コーティング3年効用あるものを使っているようです。

抗菌コーティングの説明

これは食堂だけでなく、エレベーターなども人が触るところはすべてコーティングしたようです。

テーブルに個別にカトラリー設置に変更されてました

さすが、星野リゾートです。

感染防止対策として以前と変わったところ ⑤ くつろぎエリア

升の形に仕切られた飲食ブース

升と升もかなり距離とって設置されていました。

冬ならでは♪

リンゴの提灯

夏は金魚ねぷただったり、白の提灯だったり、毎回季節や行事で変わっています。

八幡馬ラウンジとは♪

夜の八幡馬ラウンジ

八幡馬ラウンジは本館に1番近い公園の離れです。なんと、24時間1500円でこのラウンジを利用することが出来ます。

① 仕組み

・ 宿泊者のみ利用可能

・1回の利用は2時間以内

・12:00-15:00メンテナンスのため利用不可

・チェックアウト後も24時間以内なら利用可能

・ラウンジはWi-Fi、コンセントが完備

・ラウンジ内の飲み物は飲み放題♪

・日中はお抹茶体験サービスあり

・夏はリンゴシャーベット、冬はリンゴチップスのサービスあり

・有料のおつまみセット販売あり

②朝の景色

お抹茶体験

③夕方の光景

リンゴジュースとリンゴチップス

④夜の光景

アップルシードルとリンゴチップス

八幡馬ラウンジについては、また別記事にひて詳しくご紹介しますね。

まとめ

感染防止対策として、かなりのことが実行されていました。

そのため、私は前に入れた記事よりも安いプランニングで泊まれましたが、現在は3倍近くの料金にはね上がっています。

ゴーツーなどが落ち着けば、また価格は落ち着いていくと思うので、まめにチェックしておくことをオススメします。

今回泊まってみて、さすが!星野リゾート、と思うことばかりでした。

対策を実感出来たので、価格が落ち着いたら前に入れたら記事のプラン、どうぞチェックして行ってみてはいかがでしょうか。

以前の記事はこちら

http://

http://

コロナ対策した後の星野リゾート青森屋レポ記事
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする