乳幼児の衣服の調整は季節じゃない!/青森県南に引っ越してきたママたちへ

シェアする

青森県南に住むママたちへ、乳幼児の衣服の調整

の仕方アドバイスをお届けします。

全国的には、季節の変わり目にする

衣替え。でも、青森県南ではその常識は通じ

ませんよ。では、季節の変わり目で衣服の調整をしない

なら、どうやって乳幼児の衣服の調整をするのか?

分かりやすく教えます。(^-^)/

スポンサーリンク
広告大

衣替えはいつするの?

結論から言うと、青森県南ではしません。

出来ません。なぜなら、毎日の季節が

違うから、です。

季節じゃないなら、衣服の調整の目安は?

それは、毎日考えるのです。

春だから、夏だから、の考えでの衣服の調整は

青森県南では向きません。

なぜなら、先日入れたやませが関係するから、

ですよ。(´・ω・)

やませの記事はこちら↓

夏でもジャンパー着用!!

やませの時期は、5月だけでなく、

6月も7月も、下手したら8月だって

寒いのですよ。(ノ-_-)ノ

嘘でしょう?って??

いえいえ、本当です。(>_<)

ちなみに、私が沖縄から転入してきた、平成10年は

8月の晴れた日はたった3日間だけ!!

梅雨明けしないならまま、秋になりましたよ。。(;´д`)

青田刈りが行われた(稲が育たないと判断して、

稲穂が黄色くなる前に刈ってしまあこと)

青森県南は悲惨な年でした。。。

6月も7月も、8月もカーテガンや

ウィンドブレーカーを着ている自分

に、なんてところに来てしまったん

だ!と感じたものです。(+_+)

では衣服の調整のコツは??

月で考えちゃダメ!

季節で考えちゃダメ!! どう考えるの???

朝の気温で決めます!

朝、今日は夏だな、と思ったら

夏向けの衣服。

朝、寒い、、冬だな、と思ったら

6月でも7月でも長袖を着たり、

上着を持ちます。

昼間に気温が上がったら、素早く

また服の調整をします。

夕方にす~っと冷えてきたら、また

イチマイ重ね着したり、厚めの衣服に

着替えたりします。

この、まめな衣服の調整を怠ると、

風邪を引きます。。

自分自身もですが、子どもたちは

このまめな衣服の調整を自分では

出来ません。

遊びに夢中になっていたら、なおさら

です。

体調を崩さないようにするには、

この地域ではこの毎日違う気候に

合わせてまめな衣服の調整を行う

こと、をオススメ致します。

やませの冷気は気管支にくる、、。

気管支が弱いお子さんをお持ちのママへ。

先日入れた、やませの冷気は気管支

に影響がでます。。。

夕方の気温が低くなる前に、外遊び

を終了したり、寒暖の差に気配り

してあげると、体調管理をしやすく

なります。

新緑の良い季節になるはずの6月、

7月ですが、梅雨入りとやませで

気候がかなり変動すること、そのために衣服のまめな

調整が不可欠であることをお知らせしておきますね。

南生まれで、あちこち転校、転勤

で全国を転居してきて、今は長く

青森県南に住む私のアドバイスが参考になれば、

幸いです。

乳幼児の衣服の調整は季節じゃない!/青森県南に引っ越してきたママたちへ
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする