飛行機で耳が痛くならない工夫知ってますか♪

シェアする

飛行機のなかで耳が痛くならない工夫を知っていますか?

大人だけでなく、子どもやあかちゃんはもっと耳が痛い

ことも多いですよ。

子どもは「耳が痛い!!」と言えるけど、あかちゃんは

泣くしかないです。。

それも、痛いから火が付いたような激しい泣き方に

なることが多いですよね。

パパもママも動けないし、立てないし。。

あかちゃんもいつものように立って抱っこして

もらえないし、痛いしでますます大泣き。

どちらも本当に困り果ててしまいます。。

対策は耳管を開かせること。

それにはどうしたら良いか?

スポンサーリンク
広告大

大人が飛行機の中で耳が痛くならない工夫

まずは大人から。

飲み物をもらい、ゴックンと大きく嚥下(飲み込む)する。

それか、飴をなめる。

この2つが効果あります。(*^-^*)

子どもが飛行機の中で耳が痛くならない工夫

子どもも基本は同じ。

私の場合は、普段ジュースを規制していたので

この時ばかりは離陸と着陸のときにたくさん

飲んでも良いようにあげていました。

飴は年齢によりますね。

小さいお子さんは飲み物だけの方が良い

ですね。

CAさんが飴を離陸と到着の前に飴を配って

いるのは、サービスのためだけではなく、

この耳管を開くサポートをするためでもある

のですよ。(*^-^*)

あかちゃんが飛行機の中で耳が痛くならない工夫

あかちゃんは、飴をなめることができません。

そして、月齢が小さいお子さんはジュースなども

飲むことができません。

母乳かミルクだけですね。なので、離陸か着陸の

ときに授乳時間を調整しておくと良いです。

どちらかに合わせる場合は、」より耳が痛くなる

着陸時間に合わせます。

高度が下がるころに痛くなってくるので、

着陸時間の20~30分前くらいに合わせ

ると良いですね。

ミルクの場合は、着陸点灯サインがくるまえに

お湯をもらった方が良いです。(*^^)v

母乳の場合は、隣に他人がいても大丈夫

ですよ。(*^-^*)

ハンドタオルを肩からぱさっとかけるだけ

で隣の人にも見られないで済みます。

抱っこできなくても、これでだいぶ落ち着きます

し、自分も対策がわかっているので、パニくら

なくてすみます。(*^^)v

離陸時間よりも着陸時間の方が重要!!

ですからね。(^^)/

中耳炎になってしまう人もいますから、

耳が痛くならないように対策を

立ててみましょう。

飛行機で耳が痛くならない工夫知ってますか♪
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。