引っ越しの住所に関する手続きは官と民

シェアする

社会人としてこの国で生活していくなら、

転勤や引っ越しで住所が変わったら手続きして

いかなくてはなりません。手続きは役場だけ

ではないですよ、というお話です。

スポンサーリンク
広告大

まずは公の手続きから

引っ越し先の新しい住所が決まったら、

やることがいっぱいですよ。((+_+))

逆に言えば、引っ越し先の住所が決まらないうちは

手続きがまったく進まない、ということです。

これ、覚えておいてくださいね。(^^)/

引っ越し先の住所が決まったら、引っ越し前の

日時でも転出届を出しに行けます。

提出日ではなくて、転出予定日を書けば

良いのですよ。(^^)

それから、14日以内に転入届を引っ越し先の

役場に届を出しに行きます。

この転入日もとっても大事です。

勤め先から支持されてる日付が

あるなら、間違わないように!!

なくても、そのあとで重要な意味を

もつことがあるので、転出日と転入日を

開けない方が無難かと思います。

これは公の手続きです。

これは一番の優先順位ですね。

それから、免許証の住所変更

をするのが良いでしょう。

次に民間の手続きへ

民間といってもより公に近いもの

から手続きしていきます。

通帳やカード類の住所変更。

登録しているサイトや団体、などの

住所変更、今は登録するものが多い

ですから、リストを作っておくと良い

ですよ。(^^)/

緊急性が高いものから急ぎじゃないもの

を分けましょう。

転送届は必須!!

郵便局に出す転送届、これは最も

大事な住所に関する手続きですね。

最近は郵便のWEBサイトからでも

手続きできますよ。(*^-^*)

便利になりました。

1年間は前住所に届いた郵便物を

転送して配達してくれますから

この手続きは忘れないようにして

くださいね。(^^)/

この手続きを怠ると、後に入った住人

や他人がポストからあなたの個人情報

や重要書類などを持っていかれる危険

が出てきます。

お忘れないようにしてくださいね。

引っ越し前でも出来ること

引っ越し先の住所がわかっていると、

引っ越す前から引っ越し先で必要な

予約をすることができます。

ネット回線の工事やエアコンの

取り付け工事の予約。

新しい住居で必要な家具や配達

してほしいものを先に進めることが

できますよね。(*^^)v

お別れする友人たちや実家などの

家族にも先に知らせることが出来ます。

引っ越しが決まったら、まず引っ越し先の

住まいを決めることが何より大事である

ことがわかってもらえたかと思います。

引っ越し先が決まっていなくても

もちろん動けることはいっぱい

ですよ。3月の転勤は世の中の

1番移動が多い時期です。

引っ越し業者の選定ははやいに

越したことがありません。

住まいが決まっていなくても

住むエリアが決まっているなら、

まずは相見積もりをとって、

引っ越し業者を絞っていきます。

もちろん、アパートやマンションの

高層階に住むのか、平屋に住むのか、

などでも料金は変わりますが、遠方

の場合は距離、エリアでかなり料金

が違いますから、選択しやすいように

早めに調べることをおススメします

よ。(^^)/

今回は住所に関わる手続きのお話でした。

引っ越しの住所に関する手続きは官と民
この記事をお届けした
はっぴぃらいふケアからのしあわせ便の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

フォローする